概要


排便は毎日あるのが普通だと考える人もいるでしょうか、排便の感覚は個性があります。

排便が毎日あったとしても、残便感があったり、排便が困難であったり、口から便臭がするような人は、便秘と診断される可能性があります。

便秘とは

一般的に、

  • 排便のない期間の長さが3日以上、週に3回以下など
  • 排便が困難である
  • 残便感がある
  • 口腔からの便臭

などで、便秘は認識、診断されます。

残便感とは

排便した後にも、まだ便が腸の中に残っているようですっきりしない感覚のことです。

残便感が残る要因は以下の3つ、

  • 排泄しきれなかった便が腸の中に残っている
  • 便は残っていないが、肛門がうっ血している
  • 痔を起こしている

夜遅くにモノを食べたり、食べてから時間をおかずにすぐに寝てしまっている人の場合には、消化管の運動が悪くなっているかもしれません。

排便の仕組み

そもそもの排便の仕組みを理解しましょう。

胃や小腸で消化された食物は、水分の多いドロドロの液状となって、大腸に送られます。

大腸でゆっくりと水分が吸収されて固形化し、肛門へと送られます。

もしも、便が何日も大腸内にあると、水分吸収はさらに進み、塊は固く小さくなります。

排便の仕組みを知ることで、便秘に限らず排便のトラブルが体のどこの場所で起こっているかがわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>